2010年10月13日

弘行寺 開眼法要

   弘行寺(ぐぎょうじ)の黄金阿弥陀如来像は元禄9年(1696年)の製作で、鎌倉時代の作例を彷彿させる
端正な雰囲気を持ち、当時の正当な仏師による一流の作と見られます。像胎内には金箔が貼られ、なんら
かの納品物が収められていたと考えられますが、今は失われています。たいへん丁寧な造りで資料的価値
も非常に高い像です。このたび修復を終えて開眼法要をおこないます。

日   時   10月24日(日) 
と こ ろ    天台宗弘行寺 長生不動尊
         長生郡睦沢町下之郷1875
行事日程   11:00 大護摩祈願
         12:00 ひかり太鼓
         12:30 サークルなるこ
         13:00 開眼法要(解説付)
         14:00 岩沼の獅子舞
         14:30 大護摩祈願
交   通   無料臨時送迎バス
         10時30分頃 一宮駅→弘行寺山門前
         15時30分頃 弘行寺山門前→一宮駅
問合せ・護摩申し込み
         電話 0475-44-1250
         fax  0475-42-7094
        
posted by 事務局 at 11:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。