2019年07月05日

令和元年度 千葉県ボランティア参加促進事業

「着物体験でもてなそう!」
サーフィンのまち一宮、千葉と世界をつなぐおもてなしボランティア(主催 千葉県)


2020年夏に向けて、日本を代表する「着物」文化にまつわる技術等を持ち寄り、一宮にお越しになる方々に着物体験を楽しんでいただくプログラムをスタートします!
leaflet1_201907.pngleaflet2_201907.png


〜着物体験プログラムに先だち講習会参加者や
                                 着物の寄付を受け付けています〜

本プログラムの運営にご協力いただける各種ボランティアを募集!
ボランティアがはじめての方も、どんなことをするのか気になる方も大丈夫、ボランティアのための3つの講習会をおこないます。
そして、プログラムで使用する浴衣や夏着物等のご寄附を以下のとおり受け付けます。
多くの皆様のご参加・ご協力をお待ちしています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「着物体験プログラム」は下記の開催を予定しています
2019年8月16日(金)灯籠流し(一宮川)
2019年9月13日(金)玉前神社大祭
2019年10月13日(日)上総国さすが市(門前市)
2020年7月末〜8月第1週目オリンピック競技大会開催期間中
※着付け会場は一宮町の玉前神社門前商店街にある寿屋本家です。
※プログラムは天候等により変更となる場合があります。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

協力方法:箪笥に眠る浴衣や夏着物の寄付
<捨てないで!! 着なくなった浴衣や夏物を有効に活用します>
・浴衣、夏着物(男性/女性/子ども用)
・着付小物(衿芯、腰ひも、帯板、裾よけ)
・半幅帯 ・髪飾り ・草履、下駄
・和風バック、巾着、和傘などの小物
※着物類や履物類については大き目サイズのものは特に歓迎。
<寄附方法>
郵便や宅配便(元払い)にて、以下の送付先まで。
  〒260‐0032 千葉市中央区登戸3-5-14
  藤工房和裁学院 千葉校
  TEL:043-203-6150
  (毎月1週目〜4週目の月・水・木・土 午前10時〜正午)
※同機関はNPO法人さすが一の宮の協力機関です。

<寄付受付期間>
2020年5月末までとして受付しておりましたが、すでにたくさんのご寄付を賜り、十分な数が集まりましたので、受付は終了いたしました。
皆さまのご協力に深く感謝申し上げます。
※なお、裄・着丈(身丈)・幅が大きく、かつカラフルな浴衣(白地や紺地ではなく、派手な色の下地のもの)であればお受けします。また、子ども(女児)用の浴衣も受け付けています。
※寄附物品は寿屋本家(すやほんけ:一宮町)に持ち込みいただいても構いません。持参する際は必ず事前に連絡をお願いします。
※必ず、洗濯・クリーニングが済んだものをお送りください。
※寄附物品は返却いたしかねますので、ご了承ください。

協力方法:和裁・裁縫の技術でボランティア
プログラム開催時に着物体験利用者が着用する肌着を作成したり、寄付で集めた古着物のサイズ直し等を行い、リユース着物として再生されるボランティアです。以下の講習会に参加して、制作・リメイクにご協力ください。
<古着物リメイク・和裁ボランティア講習会 IN千葉>
〜参加費無料・先着順〜
【日程】2019年7月26日(金)10時〜15時30分 ※昼休憩1時間あり。
【会場】藤工房和裁学院 千葉校(千葉市中央区登戸3-5-14)
  アクセス(藤公房HP):http://fujikobo.com/temp/06.html
  ※ページ真ん中の「千葉店」の情報をご覧ください。
  (JR千葉駅より10分、京成新千葉駅より4分、モノレール市役所前駅より7分、JR千葉みなと駅より10分)
  (お車の場合は近隣のコインパーキングをご利用ください)
【内容】簡易下着やステテコ作成、古着物の幅直し等
【講師】吉野由香氏(一級和裁士/藤工房和裁学院千葉校)
【持ち物】
・裁縫道具(なければ貸出します。材料はご用意します)
・お弁当(昼休憩用)
【申込み】@名前(ふりがな)、A日中連絡の取れる電話番号、B住所所在地(市町村名)を、以下の申込先へE-mail/ハガキ等で郵送/電話
【申込先】〒260‐0032 千葉市中央区登戸3-5-14
藤工房和裁学院 千葉校
TEL:043-203-6150(電話応対時間帯:毎月1週目〜4週目の月・水・木・土 10時〜正午)  

協力方法:文化紹介語学ボランティア
プログラム開催時に、周辺案内や地域の魅力、着物や日本文化の紹介を英語で行うためのボランティアです。
講習会に参加して、表現のポイントを学びましょう。
<地域の魅力日本文化を英語で紹介
                                  語学ボランティア講習会 IN一宮>
〜参加費無料・先着順〜
【日程】2019年8月3日(土)12時30分〜14時
【内容】周辺地域や日本文化などについて、外国人の方々に英語で紹介する際のポイントや表現方法を学ぶ。
【会場】寿屋本家すやほんけ(一宮町一宮2987)
【講師】上川克巳氏(通訳案内士/NPO法人ホスピタリティ成田※)
※「ホスピタリティ成田」は成田山新勝寺参道で外国人旅行者等に着付サービスを行うNPO法人です。
  http://hospitality-narita.org/
【持ち物】筆記用具

協力方法:着付けボランティア
プログラム開催時に、小柄〜大柄といったさまざまな体形の方々に、浴衣や着物を着つけていただくボランティアです。
講習会に参加してコツを学びましょう。
<どんな体形にも対応!
                     着付けボランティア講習会 IN一宮>
〜参加費無料・先着順〜
【日程】2019年8月3日(土)14時30分〜16時
【会場】寿屋本家すやほんけ(一宮町一宮2987)
【内容】さまざまな体形の方に合わせて、短時間で着付けを行うコツについて学ぶ。
【講師】NPO法人ホスピタリティ成田
【持ち物】筆記用具

共通
【申込方法】@名前(ふりがな) A日中連絡の取れる電話番号 B住所所在地(市町村名) Cまち歩きツアー及び花火大会参加希望※を、
E-mail/ハガキ等で郵送/電話/FAX いずれかの方法で下記まで。
〒299-4301 長生郡一宮町一宮2987 寿屋本家
TEL・FAX:0475-36-3989(電話応対時間帯:11時〜17時、不定休) 
E-mail:ssgim_kimono@yahoo.co.jp
【アクセス】
JR上総一宮駅から徒歩5分、P10台(その他周辺に無料駐車場有)

※8月3日講習会修了後、いちのみや観光局がカイドする「まち歩きツアー」に参加できます(無料)。
当日はプロのカメラマンも同行、ヴューポイントや効果的なアングルなどについて教えていただけます。
また夜は「一宮町大花火大会」があり、シャトルバス乗り場までご案内します。ぜひご一緒に!


<ご案内事項>
・講習会受講者は、「着物体験プログラム」開催日すべての日程においてボランティアとして参加しなくてはならないものではなく、都合の良い日にご協力いただければ構いません。
・講習会受講者には、講習会参加証をお渡しするとともに、今後のボランティア活動情報をお届けします。
・プログラム開催時に必要となる各種ボランティアの募集情報は都度、ホームページ等でご案内します。
 ボランティアへの参加には講習会受講が必須ではありませんが、できるだけ受講をお勧めします。
・お届けいただいた個人情報は厳重に管理の上、本プログラムの運営以外の目的で使用いたしません。
・各種講座は2020年1月〜2月中にも開催予定です(日程・会場等詳細は決定次第お知らせします)
・寄附いただいた着物等の活用の様子、ボランティアの活動の様子は、関連機関のHP やSNS 等でもご紹介させていただきます。




posted by 事務局 at 23:25| 千葉 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボランティアの申し込みをしたいのですが、メルアドが間違っているようで送信できません。
正しいアドレスを教えてください。
Posted by 佐藤 at 2019年07月12日 13:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。