2019年12月25日

令和元年度千葉県ボランティア参加促進事業 冬季講習会

「着物体験でもてなそう! 」

サーフィンまち一宮千葉世界つなぐ

おもてなしボランティア講習会

(主催:千葉県企画運営:特定非営利活動法人さすが一の宮)

【お知らせ2020.3.30
オリンピック・パラリンピックの延期およびコロナウイルスの影響を考慮して2020年に予定しておりました活動は中止いたします。
今後はウイルスの状況や大会委員会の動向をみてお知らせいたします。

2020年夏に向けて、日本文化にまつわるちょっとした技術や語学の特技を持ち寄り、一宮町にお越しになる方々に浴衣や様々な日本文化体験プログラムを提供したり、周辺の魅力スポットを紹介いただくボランティアを募集します。講習会に参加してボランティア体験&スキルを磨き、2020年夏を一緒に盛り上げましょう!!

190202-01.png190202-02.png

本プログラムの運営にご協力いただける各種ボランティアを募集!
ボランティアがはじめての方も、どんなことをするのか気になる方も大丈夫。
ボランティアのための2つの講習会をおこないます。
多くの皆様のご参加・ご協力をお待ちしています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「着物・和の文化体験プログラム」2020年夏開催予定
2020年7月26日〜8月2日頃
(オリンピックサーフィン競技および関連イベント開催期間)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


協力方法T:浴衣リメイクでボランティア

浴衣リメイクは定員につき締め切りました

2019年中にご寄附いただいた、たくさんのリサイクル浴衣。2020年夏のプログラム開催時に使用する浴衣を、外国人旅行者の方々にさらに好んで着ていただけるよう“カラフル”に染め上げていきます。講習会に参加して「手染め」ボランティアにご協力ください。

<講習会T:リサイクル浴衣 手染めボランティア講習会>
【日 程】2020年2月2日(日)10時〜12時
【定 員】15名(先着順)
【内 容】白地や紺地の地味目な浴衣を、外国人観光客が好んでお召しになるような明るい色や模様で染めを行います(染めは筆書きによる技法で、素人でも問題なく参加いただけます。)
【講 師】加納由貴子氏(デザイナー・染色家)
1940年 江戸友禅作家 野口真造(大彦)の四女として東京に生れる。
多摩美術大学インテリア科卒。 PASONS SCHOOL OF DESIGN(米国NY)留学。 帰国後日本橋三越のインテリアコンサルタント、跡見女子短期大学講師 (染色・インテリア デザイン)を経て、1970年 加納デザインスタジオ、1974年に染色スタジオを新設。1976年 加納ミニギャラリー (大原)を開設。2005年より一宮町にアトリエを移し作家活動を続ける。日本橋高島屋をはじめ各地で個展を開催するほか、染色のワークショップも行っている。
【持ち物】 汚れても良い服装、エプロン


協力方法U:文化紹介語学ボランティア 

2020年夏のプログラム開催時に、一宮の魅力あるスポットの案内や日本文化の紹介を英語で行うためのボランティアです。
講習会に参加して表現のポイントを学びましょう。

<講習会U:地域の魅力、日本文化を英語で紹介!語学ボランティア講習会>
【日 程】2020年2月2日(日)13時〜16時
【定 員】35名(先着順)
【内 容】周辺地域や日本文化などについて、外国人観光客に英語で紹介する際のポイントや表現方法について学びます。実際にまちあるきをし、自らの目で見た情報と文献を参考にしながら、各スポットの簡単な紹介文を講師のアドバイスをもらいながら書きおこし、自分の言葉として練習してみます。

《まちあるきスポット(予定)》
・釣ヶ崎海岸
・芥川荘
・玉前神社ほか寿屋本家近隣スポット
 ※移動にレンタサイクル等交通手段を要した場合、実費負担。

【講  師】
■宇佐美信幸氏(通訳案内士、合同会社いちのみや観光局代表)
1982年生まれ、千葉県一宮町出身。
大学卒業後、IT、グローバルイベントの企画・運営などの仕事を経験し、2017年に一宮を観光で稼ぐ町にしようと合同会社いちのみや観光局を設立
・東洋大学大学院国際地域学研究科卒(現国際観光学研究科)
 国際観光学専攻修了(国際観光学修士)
・全国通訳案内士(英語)
・総合旅行業務取扱管理者 

■片桐茂氏((一社)日本障者サーフィン協会 設立理事)
1944年生まれ。学習院大学法学部卒。
(株)第一ホテル、運送事業経営を経て、航空関連会社数社、外資系航空サービス関連会社の日本・海外支店長等歴任。
2018年5月にはいすみ市太東海岸で、国内初の身体障害者を対象としたサーフィン大会を開催。
自身も日本サーフィンの黎明期から選手として活躍。
【持ち物】筆記用具、辞書(あれば)、歩きやすい靴・寒くない服装


(T・U 共通)
【会 場】寿屋本家すやほんけ(長生郡一宮町一宮2987)
     ※JR上総一ノ宮駅から徒歩5分 P10台
【参加費】無料
【申 込】(1)お名前(ふりがな)(2)連絡先TEL/携帯電話番号、
(3)お住まいの住所地、(4)希望の講習会(Tのみ/Uのみ/両方)
下記までEメール/ハガキ/FAX/電話でお申込みください。

【問合せ・申込先】
NPO法人さすが一の宮
〒299-4301 長生郡一宮町一宮2987 寿屋本家内
TEL/FAX:0475-36-3989
(応対時間:11時〜16時、不定休)
E-mail:ssgim_kimono@yahoo.co.jp 

▼参考リンク
「着物体験プログラム」(2019年夏開催時のプログラム募集内容)
http://ichinomiya-bunkaisan.com/

<ご案内事項>
・お届けいただいた個人情報は厳重に管理の上、本プログラムの運営以外の目的で使用いたしません。
・講習会TとUの受講者はお昼持参の上、会場の一角でお取りいただくことも可能です。
・講習会受講者は、「着物・和の文化体験プログラム」開催日すべての日程においてボランティアとして参加しなくてはならないものではなく、都合の良い日にご協力いただければ構いません。
・講習会受講者には、講習会参加証をお渡しするとともに、今後のボランティア活動情報をお届けします。
・プログラム開催時に必要となる各種ボランティアの募集情報は都度、ホームページ等でご案内します。
ボランティアへの参加には講習会受講が必須ではありませんが、できるだけ受講をお勧めします。
・活動の様子は、関連機関のHP SNS 等でもご紹介させていただきます。




posted by 事務局 at 09:05| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。